大変ご無沙汰してます、やすです。

まりっぺが中々新しいブログの書き方を覚えようとしないので、

ブログの更新が滞りまくってます(笑)誰か助けてください!

 

Transit Guest Houseは濃ゆいお客さんが連日

 

年末からシヌログ効果もあり、おかげさまでせかゆるのゲストハウスは本当に順調で、

満室でお断りした方も何組かいたほど、たくさんの方にご利用頂いております。

ほんとにOPENからたった1年でここまで軌道にのれるとは全く思ってませんでした。

 

これもひとえに優しく協力的なお客さん方の支えのおかげです、ほんとにいつも

手伝ってもらったり留守番をお願いしたり(笑)

・・・どこまでお客さんに依存してるんだか。

 

本年もせかゆると、Transit Guest House をどうぞゆるりとよろしくお願いします。

 

 

さて、そんな大忙しのTransit Guest Houseに、7年間一度も日本に帰らず、

自転車で世界を旅しているカズさんがやってきたのは年末のこと。

そんなカズさんとの1ヶ月に渡る生活はまたおいおい触れるとして・・・

 

セブ周辺にある漁港といったら・・・

 

デフォルトで昼過ぎからビールをのみ始める飲んだくれ、カズさんと、

たまたま長期滞在中のお客さん、以前セブで無茶苦茶お世話になっていたケイコさんの

息子くんであるマーシーが、ひょんなことから意気投合したらしく、

やすさーん、セブの漁港ってどうなんすかね?築地みたいな感じすか?

と質問を受けました。

 

カバンカランのマーケットで生のアジや鯖、タコを買ったことはよくありましたが、

そう言えば築地みたいな漁港ってあったっけな?という話になりました。

 

 

 

ひとつピンっときたのが、マンダウエにあるニューマーケット

前から気になっていた場所の一つで、ジプニーでたまーに通っていた臭いエリア。

海のそばの、いかにもっぽい白っぽい建物の市場です。

 

 

マーケットとしてはカルボンの方が大きいし、品数も多いのでしょうけど、

手軽に行くなら、まあうちから近いしマンダウエかなと。

 

 

「マンダウエにありますよ、ここらへんですよー」

って、GoogleMapで教えてあげて、テンションMAXのカズさんとマーシーは

意気揚々と早朝出ていったのでした。

 

実は、板前経験のあるマーシー。

 

目利きなら任せろと言わんばかりの勢いで出かけていったので、

今日は刺し身のオコボレが食えるのかなー楽しみだなーと思ってました・・・。

 

ところが!

 

 

年始からの台風での悪天候続きで、どうやらマーケットはクローズに近い状態

だったそうで、意気消沈で帰ってきた二人・・・。

 

 

 

ギョギョギョ!

 

 

それでも、これがやっとと言わんばかりにGETしてきた、エビとイカ。

エビのアヒージョ的なものとイカはトマトにんにくソースで炒めて、美味しかったものの、

 

 

(あれ?刺し身どうした?)

 

 

ってふたりとも若干、これじゃない感が・・・(笑)

 

 

翌日再びマンダウエのマーケットへ

 

そこでリベンジとばかりに、翌日ちょうど遊びにきていたお父さんを引き連れて、

ジプニーに乗って行ってきました。カズさんも誘いましたが、もう懲りたのか拒否(笑)

 

 

 

カントリーモールから22Iのジプニーに乗れば、なんと一本で行けることが判明!

早速カントリーモールから9時頃にジプニーに乗り込みました。

 

 

お父さん、ジプニーから見る景色に大興奮!

しかしいつものJモールからハイウェイに抜けるあたりの渋滞で、

40分ほどジプニーに乗った上、結局情報がガセで、一本で行けずに乗り換え。

 

 

そしてやっとやってきましたマーケット!

 

 

おおー、活気ない〜(笑)!!

 

 

やっぱり台風の季節はダメなんですね、船が出てないんだろうな・・・って感じがプンプン。

 

 

それでも、聞いていた程ひどくはなかったので、昨日のカズさん&マーシーの時

よりもマシな状況と思われました。

 

 

一面に上がっているマグロ!

 

 

あちこちで聞いてみますが、どこも160ペソ/kg。

ならばと、一番感じの良かったお姉さんのところで、一本購入!320ペソ(約700円)。

 

 

みんな「イエローフィン」っていう名前で呼んでましたが、どうやらこのマグロは、

日本で言う「キハダマグロ」にあたるのだそうです。

 

サイズは小ぶりの50cmほど。

 

 

お姉さんに頼んで、下ろしてもらいました。

 

 

その他にも、沖縄で有名なアオブダイやカラフルな魚も並ぶ。

特に目についたのは、とても新鮮そうな銀色のキレイな魚。

あとで調べたら、これはサバヒーという魚、別名ミルクフィッシュ

 

おおー、ミルクフィッシュならレストランで食べたことあるなー、買っときゃ良かった

と後で思いました。

 

 

そして、お父さんが大好きなイカ!

何を隠そうお父さんは、生のイカから、イカの塩辛を作る名人なんです!

しかし、今回は鮮度の問題から、断念。

 

 

次に目に入ってきたのは、大きなハマグリ!

聞いてビックリ、これがなんと60ペソ/kg(約150円)

そりゃ買うっしょ、ということで、ハマグリもGET!

 

 

 

まあ今日はこれぐらいで勘弁しといたろか、と言わんばかりに撤収。

所要時間1時間。活気のない市場ではこれぐらいが限界です(笑)

 

 

さっそく調理開始

 

そして、家に帰って早速調理。

カズさんに「買ってきましたよー」と報告!

 

すると、築地生まれのカズさん、このマグロを見て一言

「えっ、これ生・・・行く?えーー冒険だなー。。」

「身の硬さが、もうムニャムニャしてるし・・・相当時間経ってますよ」

 

 

いやいやいや、怖っ!

知ってる人が鮮度に問題があるといってる・・・

でも、せっかく市場まで行って買ってきたマグロだし、ここまできたら

試しに食べてみたいのが男ってもんでしょう。まりっぺも興味津々。

 

 

だって、なんつったってせかゆる、

 

 

タンザニアのザンジバル島で、ハエたかりまくり、何か名前も知らない魚を

きったないブルーシートの上でぶった切られたおどろおどろしい魚の刺し身も

美味しいと食べた経験もある!

ザンジバル島でしたこと

 

 

ちょっと怖いけど、生魚を食べたい欲望には勝てませんでした。

 

 

ということで、半身は一応わさびと塩分で消毒(おまじない)漬け丼に!

そして半身は炭火でBBQすることになりました!

 

 

調理はお出かけ中のマーシーに変わってカズさん。

なんとマイ包丁を取り出して、魚をさばくさばく!!

あっという間に下準備完成!!

 

この雰囲気・・・なんかチリの汐見荘での生活にそっくり(笑)

チリに入ってからというもの海鮮三昧の日々

 

 

一方その頃、庭ではBBQの用意。

炭ができたら、まずは焼きハマグリに挑戦しました。

 

 

なおも興味津々で「なんだなんだ」と見に来ました。

 

 

10分後。

 

 

パカッ!!

 

いい匂い・・・。

 

 

ここに醤油を垂らして、お客さんもみんな呼んで、さっそく試食です。

 

 

「うまっ!!」

 

 

もうみんなの表情が、一気に感動の顔に。

 

 

そして、お次は焼きマグロ。

なんと頭も兜焼きにしてみました。

 

 

これも超美味!!まあ当たり前ですよね(笑)

 

 

ここまではいいんです。問題は生食!

さあ味の方はいかがでしょうか・・・

 

 

緊張の一瞬。

 

 

パクっ!!

 

 

・・・う、

 

 

 

「うまーーーい!!マジでうまいこれ!!」

 

もう感激する味です、なんの臭みも危なさも感じない、

本当にスッキリと淡白な、脂身の少ないマグロの味。

 

 

正直、日本食レストランで食べた寿司よりも、この漬け丼の方が

美味しかったぐらい、それぐらいみんなが感動してあっという間にペロリでした。

 

 

いやーーー、新鮮な魚が漁港で買い付けれることが判明したので、

これは格安刺し身パーティーしても楽しそう。

 

 

次回もリベンジしてみたいと思います。

誰かー料理人来ないかなー(笑)

 

 

やす

 


ブログ村のランキングに参加しています!
↓あなたの「1日1ポチッと」でもれなくせかゆるのテンションあがります。応援よろしくお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村
セブの新鮮な情報を集めるならココ!セブの人気ブログ全部見れますよー♪
セブ島情報★人気ランキングへ
漁港で買ったマグロを、生で刺し身で食べたらどうなるか

投稿ナビゲーション


漁港で買ったマグロを、生で刺し身で食べたらどうなるか” への2件のフィードバック

  1. やっさん、こんばんは。

     料理人じゃないが、行きたい・・・!
    しかし、P国の貝にはあたったことが2度もあるので、怖い!!!

    1. ハムっちさん、是非来て下さい!
      わざわざセブに来てまで刺し身食べるなら、せっかくなら真っ青なアオブダイの刺し身いきたいところですね。

ただいまコメントは受け付けていません。