前田 敦子とサザエさんって、今年同い年らしいですよ!
ついでに、トリンドル玲奈と柏木由紀もサザエさんと同い年(笑)

アナゴくんの10個上、どうもやすです。

セブと言えば、海!
海と言えば、シーフード!!

さぞかし新鮮な魚介類が安価で手に入るんだろうな・・・
と、ここに来るまでは思ってました。

しかーし!
セブは魚介がムチャクチャ高いんです。

もちろんローカルフィッシュを市場で買えば、大して高くはないですが、
美味しいのかどうか、なんなら白身なのか赤身なのかすら、
さっぱりわかりません。

かろうじて、タマロンは魚博士の内田さんに「あれはアジや」って
教えてもらいましたけど、やはり普段魚を食べない人には、魚って冒険です。

そして、何より手間がかかる。

そんなこんなで、北浦家の食卓には、
魚類と臭いローカルビーフが上がることは、めったにないのです。

でも、なおに魚も食べさせてやりたい。

そこである日カントリーモールで買った、白身の切り身。
値段も見ずに買ったら、たった一切れで50ペソ近くするという
大失態を犯してしまう。

さらにこの魚、古かったのか魚の風味なのか、とにかく臭い!
生臭いんです。それはもう、ゲロみたいな匂いします。

使ったまな板も容器もスプーンも、あの魚の匂いが洗っても洗っても、
なかなか取れない。

高いし臭いし、ふんだり蹴ったりで、親的には心が痛む。
でもこれをなおに食べさせると、大層喜んで食べるので、不思議です(笑)

もっと使いやすくて、せめて臭くない魚はないものか?


そこで目をつけたのが、
冷凍コーナー
冷凍なら腐らないし、きっと臭くもないはずだ!

バンガスにラプラプに、ミルクフィッシュに・・・
数あるフィリピンでは有名な魚たち。

これらの冷凍フィッシュの中から、どう選出するか・・・

できるだけ、臭くなさそうで、処理が簡単そうなもの。
で、できれば白身がいいかなと思って探してました。

で、見つけたのがこれ!

Pangasius(パンガシウス)!!

ってか、このイラストの写真見て、一旦買うのやめました。
いや、身はね美味しそうなんですよ。ものすごい肉厚の白身魚で、
絶対癖がなさそうな雰囲気があるから。


でもこの魚・・・
顔ちっちゃ(笑)!

往年の安室奈美恵ちゃんバリの小顔。
つぶらな瞳に、変に整った綺麗なボディ・・・
そして小顔!

「そうよTRY ME!」

としたり顔でこいつに歌われてる、そんなパッケージ。

見れば見るほど逆に気持ち悪いフォルムで、リアルに描かれていて、
やっぱなんかヤダな・・・と思い買うの止めたんです。

帰宅後、まりっぺに相談しながら、
一緒にPangasiusについて調べてみました。

すると、この魚、最近では日本でもイオンなどで
ごくごく一般的に売られている魚で、安価で骨なし、
皮なしと調理しやすく、しかも超美味とのこと!

しかも、アメリカなんかでは、食べられている魚介類ランキングの
堂々の第6位らしい、朝有名な魚なんだとか。

主に東南アジアで養殖されている「ナマズ」の仲間だそうで・・・

写真を見ると・・・

で、でかっ!!

え、ちょっ!!

いや、デカいにもほどがあるでしょ、パンガシウスぅ!
隣のおっさん、既に頭を残して、パクっといかれてるみたいにも見えるし。

こんなの池から頭出してるの見たら、本気で卒倒しそう・・・(笑)。

そもそもこのイラストと違いすぎやん


本当に同じ魚なのかと疑問は残るまま、
物は試しと早速スーパーで買ってきた冷凍パンガシウス
を調理します。

でっかい身が2切れも入って、60ペソ(約160円)ちょっと。
500gぐらいあると思います。

安すぎ
ません?

大人用のが4切れ~6切れぐらい取れるサイズですよ。

まりっぺの手にかかれば、あんなにキモくてでかい魚も、
鮮やかにムニエルに変身。

どうです、美味しそうでしょ?

癖も匂いも全くなく、本当に美味しい魚です。
ただ、油はものすごく多いですけどね・・・。

最後までおいしく頂きました。
これならなおにもあげられそう。

これから、北浦家の食卓に頻繁に登ること請け合いです。

みなさんもご存知ない方は、ぜひ試してみてください!!

やす


ブログ村のランキングに参加しています!
↓あなたの「1日1ポチッと」でもれなくせかゆるのテンションあがります。応援よろしくお願いします↓

セブ島生活
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

セブの新鮮な情報を集めるならココ!セブの人気ブログ全部見れますよー♪
セブ島情報★人気ランキングへ

さかな・さかな・さかなー、さかなーもー食べようー

投稿ナビゲーション