まりっぺです。

クレジットカード、キャッシュカードのスキミング。

海外で生活してるとそれは身近すぎる問題なのです。

ATMなしでは生活がなりたたないので。

でもセブではまだスキミングって聞いた事なかった。
少なくとも自分のまわりでは。
それが。。
それがですよ。。。
ついこのあいだBTCのATMでスキミング被害が出ました。
日本人の被害者もいました。
モールのATMなんて人の出入りもあるし簡単に取り付けられるのかなって思ったけど
それががっつりやられたみたいです。
ATMを使って引き出しをした数日後に不正請求が来たそうです
まりっぺにとってはかなりの衝撃でした。
というかついにセブにも来たかというのが正直なとこ。
せかゆるも世界旅行中はいつもスキミングの恐怖と戦ってました。
幸いにも一度も被害にあったことなかったのはただのラッキーだったのか策を講じていたからなのかは不明。
スキミングは100%防ぐ事は不可能と言われてるくらい巧妙。
ATMのカード挿入口にカード情報を読み取る機械を取り付けます。
(がっつり挿入口ごと交換されてるので見た目では判断不可能なものが多い)
このマシンはかなり巧妙で1秒もあればカードの磁気データを抜き取れるそうです。。ブルブル。
そして近くに仕掛けてある隠しカメラで暗証番号を盗撮。
はっきり言って運も大きいのかなって思ってます。
とはいえせかゆるが旅中にできる限りでしていた対策をご紹介。
ご紹介とかいってものすごく基礎的な事しかしてないんだけど。
◯町中や治安の悪そうな場所でのATMは絶対に選ばない。
銀行付属のATM(できれば店内にあるやつ)や警備員がいる場所で引き出す。
◯もちろんまわりに不審者がいないかきっちり確認。
どっちかが降ろしてる時は必ずどっちかはまわりを確認してました。
◯暗証番号の抜き取りを防ぐため必ずPINを打つときには手で隠して入力。
さらに隠しながらも手の動きで番号が推測されないようにまじで一瞬でささっと。笑
◯出て来たお金を確認したい気持ちはやまやまだけどお金は即座にバックへ忍ばせすぐにその場から立ち去る。
(急ぎすぎてカードの取り忘れに注意!)
見えない敵と毎回戦ってました。
その癖は日本に帰ってもセブへ戻ってもなにげに抜けてません。
旅行保険では現金は保証の対象外なのでスキミングによる被害はかなり対象になりにくいと聞いてたけど
クレジットカードには答案保険というのがついていて全額カード会社が保証してくれるらしい。
(いくつかの条件を満たさないとダメ)
とにかく被害にあわないように最善の注意を払っていくしかないですね。
悲しいですが。

まりっぺ


ブログ村のランキングに参加しています!
↓あなたの「1日1ポチッと」でもれなくせかゆるのテンションあがります。応援よろしくお願いします↓

セブ島生活
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

セブの新鮮な情報を集めるならココ!セブの人気ブログ全部見れますよー♪
セブ島情報★人気ランキングへ

ついにセブでもスキミング被害が!!

投稿ナビゲーション