いざ!!バンタヤン島へ出発です。
セブからバンタヤン島への行き方は
ノースバスターミナル→ハグナヤ港までバスで約3時間半。
ハグナヤ→バンタヤン島まで船で約1時間。
最終の船が出るのは17時半くらいとのガイドブック情報。
ってことは逆算すると14時くらいにはバスに乗らないといけない。
私たちがバスターミナルに着いたのは14時過ぎ。
うーーん、微妙なとこだけどとりあえず行けるとこまで行ってみよう。
無理ならハグナヤに1泊しよう。
ってことでバスに乗って出発!!
やす『バンタヤンに行くバスどれ?』
おっちゃん『これだよ!もうすぐ出るよ』

ラッキー!!
間にあうかもねってワイワイしながらバスに乗った。
出発後しばらくしてバスのスタッフが私のもとへ。
スタッフ『どこまで?』
『えっとね、バンタヤン島に行きたいからハグナヤまで』
スタッフ『ハグナヤ?行かないよ。これは途中のボゴまでしか行かないからそこで乗り換えてハグナヤに行って』
『え?!?!だってさっきおっちゃんがバンタヤン行くって言ったもん(´□`。)

とダダをこねても行かないもんは行かない。
しかたないのでボゴで乗り換えることにした。
この時点で船は無理かもねーってあきらめ気味で。
ちなみに後で聞いたらセブの北部にはバンタヤンという地名があるそう。
私たちはバンタヤン島とは言わずにバンタヤンと言ってしまったのでおっちゃんはそっちだと思ったんだと思う。
おっちゃんのせいにしてごめんね。私たちが悪かったんだね。
これから行く方は注意して下さい!!ハグナヤに行くかを聞いて下さい。
セブからボゴはノンエアコンバスで3時間。120ペソ(250円)
そしてボゴに着いてトライシクルに乗り換えてハグナヤ港へ。

ハグナヤまでトライシクルで20分ほど。1人45ペソ(100円)

ハグナヤ港に着いたのは辺りも暗くなった18時過ぎに。
時刻表を見ると16時半が最終。
ちーん( ̄ー ̄)
どっちみち間にあってないしね(笑)
するとどっからともなくおっちゃんが近づいてきて
『バンタヤン行くの?今からでもプライベートの船に乗れるよ』
来た来た。こういうおっちゃんいるよねー。
めっちゃ高くふっかけてくるの知ってるし。
という雰囲気の4人。
試しに値段を聞いたら
『1人300ペソでいいよ』

『え?300ペソ』
(思いのほか高くないな)
パブリックに乗っても170ペソはかかるし。
でもそこは意外に安いというそぶりは決して見せないけどね。
そしてディスカウントしたら簡単に250ペソになった。
よし!!
このおっちゃんの船に乗って今日中にバンタヤンに行こう!!

ってことでおっちゃんについて行きました。

連れて行かれたのは。。。

嘘でしょ、これ家じゃない?
この扉の先には一体何があるの?
ねえ、ドラえもん。
この扉の先には私たちを異次元へ連れて行ってくれる小さなバンカーボートが待ってました。

乗り込む。

ていうか外真っ暗だよ!!
でも4人だから全然コワくなかった。
そのまま出発。

途中雨もザーザー降ったし水しぶき浴びてビッシャビシャになったけど1時間で無事バンタヤンに到着。
おそれていた船の揺れも全然なくてなにげに快適でした。
しかも小さい船だからまさかのビーチの目の前に停泊っていう荒技を見せつけて
くれた。

これってすっごいラッキーじゃない?!

港から宿までの移動も必要なかった。
やすが今回だけはどうしてもとこだわってたビーチ沿いの部屋。
目標はベランダでぼーっとしながら海をみる!!
1件目に見つけた宿を見てみるとまさに理想通り。
これきちゃったんじゃない?!
1件だけじゃ不安だったので隣の有名ホテルも一応見てみたけどはっきり言って一緒。
だったらこっちでいいよ!!
ここに決めたー!!

本当に部屋がビーチの目の前っていうかビーチの上に立ってる。

ビーチフロントの部屋で1泊1600ペソ
(2泊して1700ペソを100ペソディスカウント)
ダブルベットが2つ。エアコンあり。水シャワー。

ハンモック付きなのはNo.7の部屋だけ!!

ハンモックにこだわりまくって無理矢理変えてもらったのに寝心地が悪いと言って使わないという最低な人たち。
ハンモックはなくてもベランダにテーブルセットがあるのでのんびりも出来る。

そんな今宵の宿はこちら!!

BUDYONG BEACH RESORT

『ちょっ!!大ちゃん!やめてよ!
1人だけ先に立ったらシーソーみたくバンってなるから!!』

まゆみさんスルー。

無事に宿も決まってお腹がペコペコの私たちはご飯を食べに街へ繰り出した。

街ってほどの街ではないけどきちんとしたツーリストプレイスになっていて
バーやらレストランやらが近くにはたくさんあるので安心。

しかもサリサリストアも夜中までやってるので飲み物なども時間を気にせず買えますよ。

適当に見つけたレストランでとりあえず

かんぱーい!!!

WELCOME TO CEBU( ´艸`)

旅の話やセブの話をたくさんしたいけど明日もあるので早めに切り上げて
この日は眠りに着きました。

・・・・

・・・

まち『ねえ、寝たー?もう寝たのー?』

まりっぺ『うん、めっちゃ寝てる。』

やす『おい!!先生来たで!!』

『レチョン!!』

『先生、男子がうるさいでーす』

という不毛なやり取りをしばらく繰り返して満足した後に
一瞬で眠りに着きました。

あーダメだ、長い。
まだ初日の夜までたどり着いてないけど続きはまた明日(`∀´)

飽きずに読んでね♪

まりっぺ
ランキングに参加中♪ポチッとお願いします♪



バンタヤン島旅行記〜その1〜

投稿ナビゲーション