きれいな海が見たい!!

マクタン島で痛い目にあった私たちはどうしてもきれいな海が見たい!!

でもでも

今月は生活品をそろえたりしたので瀕死状態のわが家の家(TωT)

近場でさくっと行けるけどゆっくりできる海のある静かな場所へ行こう。

今回はマクタン島での反省をかねて計画立てました
(前日に調べただけだけどw)

候補にあがった中で1番近くてゆっくりできそうな

モアルボアルに決定!

モアルボアルという街はセブ島の西部にあるダイビングのメッカです。

リタイアした西洋人がオーナーをつとめる安宿がたくさんあり

バックパッカーやダイビングで長期滞在する人が集まる街だそう。

旅人が集まるアジアな雰囲気の街かなっていうのが想像できてワクワクしてきた!!

さてモアルボアルまでの行き方ですが

コロン地区にある南バスターミナルから1時間に1本でバスが出てます。

ビーケアフル!!

1時間に1本ていうのは目安で

約1時間に1本くらい出たらいいなっていう希望的観測だと思ってね。

もちろん遅れるのは当たり前。

朝5時に起きてタクシーで南バスターミナルへ向かう。

(朝方のコロン周辺は危ないと聞いたのでタクシーでね)

ターミナルに着くと間髪入れずに

『モアルボアル行く?7時にバス出るよ。早く乗って!!』

連行されて乗せられる。

一見きれいそうなバス。

中の様子は。。

この座席の幅おかしいでしょうがっ!

1人あたりどんだけ幅せまいのよ!!

エアコンありとなしが選べるんだけど今回は私たち節約旅行だったので

『もちろんエアコンなしでいいよね~』

ってエアコンなしのバスに乗り込む。

10分しても出ない。

はい想定内ですね。

20分・・・

30分・・・

いい加減出発してよ~!このままだとバスの中でひからびるわ!

待ちきれずに外に散歩に出ると別のおっちゃんがこっちのエアコンバスすぐ出るよーと誘われる。

『いくら?』

『111ペソ(222円)だよ』

『え?!私たちのエアコンなしは107ペソ(214円)なんだけどそんなわけあるかい』

なんでエアコンありとなしの差が4ペソ(8円)なのよ!!

結局エアコンなしバスに乗り込み窓全開でモアルボアルへ向かう私たち。

でもね!!

あとで聞いたらそのまさかが(笑)ミラクルですよ。

値段差ほんとに4ペソ!!

なんなんだろう、このバスの値段設定は。

移動中のバスは窓とドアは全開です。

乗客の乗り降りの時に物売りの人がたくさんのりこんできます。

お腹が空いたので腹ごしらえに見た事のないものを買ってみました。


ライスと言われたけど
食べた感じは鹿児島のかるかんみたいで甘くておいしかった≧(´▽`)≦

南バスターミナルから3時間くらいでモアルボアルに到着。

爆睡してたらモアルボアルについてあわてて降りる。

寝ぼけたままバイクタクシーのお兄ちゃんと交渉してハナグサマビーチへ向かってもらう。

バイタクは原付バイクに3人乗り(笑)

ハナグサマまで30ペソ

ギューギューで足つりそうになりながらしがみついて爽快に風を切ってのる乗り物です。


気持ちはいいけど気持ちに余裕はない!!

完全に目が覚めた!!

バイタク以外にもトライシクルというバイクの横に乗るとこがくっついたのもポピュラーな移動手段。

*写真は自転車バージョンですがバイクバージョンもあります

トライシクルは6人くらいの乗り合いなのでもし2人で乗るとバイタクより高くなります。

そこは交渉人まりっぺの腕の見せ所です!!

バイタク並みに安くしてもらって乗ります!!

帰りはハナグサマからバス停まで20ペソでした

バイタクのお兄さんにハナグサマビーチのおすすめの宿へ連れてってもらいました。

たしかに海の目の前にある気持ち良さそうな宿なんだけど

ハナグサマビーチは岩なんです。

珊瑚がたくさんなので海岸からすぐダイビングに出れるというまさにダイビングのためのビーチ!!

でも私たちダイビングじゃなくてシュノーケリングをしたいだけ。

イメージは砂浜のビーチ!!

『だったら絶対ホワイトビーチだよ!連れてってあげる』

そのままホワイトビーチへ爽快にバイクを走らせる。

もちろんもれなく足がつりそうになりながら。。

裏路地を抜けて着いた先には1件のゲストハウス。

『ここから見えるのがホワイトビーチだよ、どうだい?』

宿の庭から見える海は。。

じゃん!!

砂浜と青い海と空。

そうそう!これを求めてたの。

『ここに泊まる

即決(笑)

家族経営の4室しかない小さな宿。

1泊1000ペソ(2000円)

なんとこの日はホワイトビーチのお祭りだったらしく

宿の庭では昼間から親戚が集まって宴会中。

親戚なんだかお客さんなんだかわからない状態だったけど。。

宿のお母さんエスタが本当に優しくしてくれたんです。

着いて早々

『今日はお祭りだからたくさんご飯作ってるのよ。お昼も夜もご飯食べていいからね』

ラッキー!!!!

腹ぺこの私たちは遠慮なく外でお父さんが作ってたポークの煮込みをいただきました。

絶品!( ´艸`)

ほんとにほんとにおいしかった、このご飯。

やすは今まで食べたフィリピン料理で1番と言ってたくらい。

豚肉をみそ味で煮込んである感じかな。家庭料理ですね。

ビールも出してくれちゃって部屋の前でのんびりお昼をいただく。

さてとお腹もいっぱいになったことだし海へ行ってみよう。

宿でボートを借りてお父さんおすすめの島へ向かう。

(シュノーケリングマスク付きで1日1000ペソ)

お父さんと息子さんがいいポイントまで連れてってくれてのぞくと

魚がいっぱい!!!

熱帯らしいカラフルな魚やニモモドキやら

お父さんは素潜りでぐんぐん潜って楽しんでた。

ただこの日はものすごい波が荒くて海の中で波酔いした私。。

しばらくして船に避難してみる。

船の上もっと揺れてるし!!!

あう~。

気づいたらお父さんめっちゃクラゲに刺されてるし!!

テヘってしてたけど絶対痛いよね、あれ。

上がって来たやすも軽くクラゲになめられてた。

『波もすごいしそろそろ帰ろうか』

ボートを出した途端にあんな天気よかったのに突然ものすごいスコール!!

それはそれはすごかった。強すぎて雨が痛いっ!!!

あまりに痛いからライフジェケットで雨をよける私

もろに雨を受けながらボートを運転するお父さんたち

なんとかたどり着いて私たちはビーチでおろされる。

お父さん?!

お父さんとボートはものすごい勢いで波に流されて行きました。。

えー大丈夫?(もちろん大丈夫だったんだけど)

宿に戻ってビーチでのんびり。

私たちそろって時間貧乏で旅行中にのんびりするのが苦手なんです。

でもはじめてのんびりしました。

『今のんびりしてない?これがのんびりってやつか』

って会話するくらい。

なぜならこのホワイトビーチなんにもないから!!

町へ出ようと思って歩いてみたらあるのは民家と放し飼いの動物たちのみ。

動物のほうが人より多いと想定。

そりゃのんびりしますね。

気づけば日も暮れて夜ご飯もごちそうになりました。

『ビール飲みたい』


『お店ないんだから我慢だよ!!』

1分後・・

『ビール飲みたい』


『どっかで買えるか聞いてみよう』

エスタに聞いてみたらじゃあ買ってこさせるよって

お兄さんをパシリにしてビールを買って来てもらっちゃった。。

そんくらいお店ないのですね。

どでかいビール!!

ぷはーっと飲みほして9時に就寝(笑)

モアルボアルの初日はこうして過ぎて行きました。

すみません。だらだらと長いので続きはまた明日~。

↓↓ブログランキングに参加はじめました(・ω・)/
愛のポチっとワンクリックをお願いします↓↓

まりっぺ

モアルボアル旅行

投稿ナビゲーション