まりっぺです。

 

わが家にはたいていバナナが常備されてます。

 

ゲストハウスのお客さんがいつも驚くのがバナナの美味しさ。

 

『こんなバナナ日本では食べれないですよね』

 

『今まで食べたバナナで1番美味しいかも』

 

そうでしょそうでしょ。そう言われるといつもうれしくなる。

自分が収穫した訳でもないのにうれしくて無駄に説明しちゃう(すべて仮定の話)

 

『この小さいバナナが甘くて私たち1番好きなんですよ。しかも買ってるのがスーパーじゃないので黄色く熟してから収穫するので日光をたくさん浴びて甘いみたいです』

 

と熱弁(すべて仮定の話)

 

もちろんスーパーで買う事もあるけどバナナトラックで買うバナナが断然おいしいんです!

 

私たちがよく行くのはアパスの定位置に停車してるバナナ屋さん

 

 

トラックいっぱいのバナナ

 

 

 

ほとんどがその日食べ頃くらいのが売ってます。

 

新鮮!朝採れバナナ!(初めて聞いたし初めて口にした)

 

 

だからお日様いっぱい浴びて甘くなってるのかな。。

もちろんスーパーよりも安くて私たちお気に入りのバナナは30ペソ(約70円)/キロ

 

 

 

 

実はフィリピンにはバナナの種類がたくさんあります。

 

普通に食べる生食用と調理用。

 

さらに普通に食べるバナナの中にもいくつも。

 

日本でも見かけるフィリピンバナナはキャベンディッシュという輸入専門で作られてるバナナだそう。

どうりで!!日本で食べるバナナと同じのって見かけないなって思ってたんです。

 

似たのだとフィリピンではLakatan(ラカタン)という種類かな。大きめでしっかりしたバナナ。

 

それよりも好きなのはTundan(トゥンダン)という種類。

小ぶりで丸っとしてて皮が薄い。モチモチ感がある。

 

 

日本では島バナナと呼ばれる種類だと思う。

シュガースポットが出て来た頃が本当に甘い。

 

ある日いつものようにバナナを買いに行くとなんと珍しいバナナを見つけました。

 

 

赤いバナナーー!!!(右のやつ、左はいつものトゥンダン)

 

話には聞いた事あったけど実際見たのは初めてでテンションがあがる。

 

『フィリピンには黄色いバナナと緑のバナナと赤いバナナと黒いバナナがあるんだよ』と昔フィリピン人に言われた事あったけどスーパーでは見かけた事なかった。黒いバナナは眉唾、それ皮が腐ってるだけ?

 

 

バナナ屋のおっちゃんに聞いたら名前はMorado(モラード)

40ペソ/キロ

やす!!珍しいから高いかと思ったのに。

 

まずいのかもしれないとちょっとだけ試しに買ってみた。

 

 

『中身も赤いのかな?』

 

ドキドキ食べてみよう

 

 

普通ーーー!!!

どこまでも普通の見た目のバナナ。

 

 

全部皮むいてみたけど普通ーーー!!(当たり前)

 

 

『もしかしたら味は特徴あるのかもよ』

 

 

食べてみた。

 

 

 

なおが。

 

 

 

感想『赤いバナナ結構おいしい』

 

 

結構てーーー!!!

 

 

 

実はなおさん結構の意味をあんまりわかってません(使いたいだけ)

 

 

それではなおが言うとこの結構なバナナの味を試してみようと大人も食べてみた。

 

 

 

 

 

大人の感想『赤いバナナ結構おいしいかも』

 

 

 

一緒かいっ!!!

 

 

あっさりした甘さでいつも食べてるトゥンダンよりは甘くなかった。

 

そんなに出回らないのには理由があるとここで知った。

おいしいけど1番にはなれないモラード。

 

でもめずらしいバナナを食べれて満足感。

 

また見かけたら買ってみます。

 

 

まりっぺ

 


ブログ村のランキングに参加しています!
↓あなたの「1日1ポチッと」でもれなくせかゆるのテンションあがります。応援よろしくお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村
セブの新鮮な情報を集めるならココ!セブの人気ブログ全部見れますよー♪
セブ島情報★人気ランキングへ

 

 

バナナトラックと珍しいバナナ

投稿ナビゲーション


バナナトラックと珍しいバナナ” への2件のフィードバック

  1. 中身もオレンジっぽいのから、白っぽいの、黄色も濃いめと、色々。ありますよね?
    売りに来る。サギンをカミサンがかうけど?幾らなのか?

    1. そうですよね、同じ種類なのに個体差がすごいです。皮をむいてみてはじめて黄色い!とかオレンジとか!思いますもん。

ただいまコメントは受け付けていません。