まりっぺです。

現在北ペルーのワラスという街にいます。
つい最近まで知らなかったこの街が来て見たらよすぎてよすぎて大好きになりました。
トレッキング後の疲れた体を温泉で癒して至福の時を過ごしました。

さてブログはさかのぼります。

アルゼンチンのメンドーサを出た私たちはウマワカ渓谷へ向かいました。

ウマワカ渓谷は南米のグランドキャニオンと言われている場所。
(やたらと南米のなんちゃらと称されるのが多すぎる感は否めない)

写真で見てウマワカにほれ込んだまりっぺごり押しの末行く事を許された。

ちなみにウマワカ渓谷があるのは文字通りウマワカという街。
でもきれいな景色はその近辺の街にも広がっているので高度順応をかねて少しずつ街を移動して行くのがオススメと言われてた。

なぜかとりつかれたように高山病をおそれていた私は
なんでも高度順応のためと言い訳してた。

メンドーサからは夜行バスでフフイへ。
フフイで1泊してからまた進むつもりがフフイに到着して宿に入ったら

『今はフフイの街全体でwifi動いてないよ。たぶん明日には直ると思うけど。』

がーん。。。

どうしようか。
フフイでは特にやる事がなくいからネットで今後の調べ物でもしようって言ってたのに。

『もうここにいても意味ないしこのまま次の街まで言っちゃう?』

そのままバスで乗り継いで結局次の日の目的地だったティルカラへ向かっちゃいましたー。

3時間ほどで到着。

あんだけ高度順応とか言いまくってたくせに標高無視してぐんぐん来てしまったっていうね。

ティルカラの街はこじんまりとしてるけどツーリスティックでアルゼンチン&チリ人の学生さんがたくさん。
しかしなぜ南米人ってみんなギターと寝袋持ってるんだろう(笑)

宿でもみんなキャンプして昼からアサード焼いて飲んで歌って陽気。
あの雰囲気嫌いじゃないけどアジア人て暗いなって思われてるんじゃないかと被害妄想。

スタッフにキッチン使っていいよと指された先は。。

これただのキャンプ場ですやん。

でもみんな使ってるのを見てたら使いたくなって来て
結局3人でまた肉とパスタでBBQもどきをしました。

サルタっていうビールがあることに感動。
味は普通。

なぜかアルゼンチンでBBQしながら
日本クオリティのキャンプの話で盛り上がり早く日本でBBQキャンプしたーいと叫ぶ始末。

次の日は日帰りで行けるというプルママルカというさらにこじんまりとした街へ行って来た。
プルママルカにも宿あるから泊まることもできるけど
ティルカラから1時間くらいだしささっと行って帰った方が楽チン。

プルママルカの街は相当小さい。

街の奥へ歩いて丘を登って行くとこんな山が広がってた。

あれ?写真映えしない。。(笑)

いや、これはきっと天気のせい!!
晴れてたらすんごいことになってたはず!!!

わかりづらいけど岩肌が7色の層をなしていて不思議な光景。
見た時は『わーーー!!』ってなったけど写真で見ると微妙だね。

でもすごかったんだってばーー!!

突然

あっちゃん『やばいっすよ!!大地からのパワーがはんぱないです!!』

やす『んなわけないやん。』

必死に検証する男子。

『ほんまや!めっちゃあったかい!!』

スピリチュアルゼロの3人が感じたものなのでただの太陽の熱だと思うけどあったかかった。

高いとこ見つけて登ったあげくに『こわっ!!』って。
もうね、見てるこっちの方がこわいからね。

あっちゃんイチオシのカメラ機能(せかゆるのTG2だけど)
ドラマチックモードで撮影するとだいぶドラマチックに。。

ん?なんだこのモード?

丘を降りる時にたくさんのサボテンを見つけて

サボテンの観察に夢中。

天気はイマイチだけど7色の岩も見れて満足して帰った。

宿に戻って最後の。。。

ステーキ(笑)

またも。

いやね!!
今度こそ本当に最後だから。

なぜってアルゼンチン滞在もこの日が最終日。

大晦日にブエノスに入って約1ヶ月。
チリを行き来しながら北上してきた。

とにかくアルゼンチンが大好き。
まだまだ全然見たりてないし食べ足りてないし飲み足りてない。

アルゼンチンにまだまだいたい。

でも私たちは行かなくてはならない。
だってウユニ塩湖が待ってるから。

って言い聞かせて最後のステーキとワインを噛み締めました。

さて出発!!

朝8時発のバスで国境の街ラキアカを目指します。

その途中でバスから見えた景色。

わーー!!すごいよーー!!
これがウマワカ渓谷。

不思議すぎる岩肌。

バスからで十分にきれいに見れたのでツアーとか参加する必要ないんじゃないかな。
ちなみにオススメは断然パノラミコ(1番前のガラス張りの席)!!

ティルカラ~ラキアカまでの移動で実はぐんぐん標高上がってます。
ラキアカは3300m。

爆睡してたけど高山病予防のために飲んだ利尿剤ダイアモックスのせいでトイレが近い。
やすと交互にバスのトイレへ行く落ち着きのなさ。

ラキアカに到着して歩いてアルゼンチン~ボリビア国境へ向かう。

荷物持ってちょっと歩いただけで息切れ。

小さくてわかりずらい国境。
インディへナのおばちゃんにまぎれてスムーズに通過できた。

ボリビア側に入るとそこはビジャソンという街。

公園の近くにあるATMでお金をおろしてそのまま歩いて電車の駅へ。

私たちは急いでた。
週4便のウユニ行きの電車にどうしても乗りたかったから。

無事に乗れたのかはまた今度。

まりっぺ


ブログ村のランキングに参加しています!
↓あなたの「1日1ポチッと」が夫婦の励み♡応援よろしくお願いします↓

世界一周
ブログランキング・にほんブログ村へ


ウマワカ渓谷を超えてウユニを目指す。

投稿ナビゲーション