まりっぺです。

またもやオマーンのきれいな空港ラウンジでくつろいじゃって
もう現実に戻れません。
シャワーがきれいでタオルがふかふかしてるー!!

ダハブで私たちがしたかったこと。。

特になし!!

実は恋するダハブと聞いてはいたもののよく知らなかった。
こんなにも盛りだくさんに楽しいことができるなんて。。

ダイビングライセンスが安く取れるので取る人が多いくらいのこと知ってたよ。

でも私たちは取るつもりないし。
シュノーケリングでも十分きれいって聞いたので海に行ってみた。

シュノーケリングはセブで飽きるほど
(実際飽きて後半やっつけで海に行ってたくらい)
やったのではっきりいってなんかあんまりテンションも上がってなかった。

せっかくだし行っておかないとねーくらいの軽い気持ちで。

セブでもきれいな海で魚見たしたいして変わらないかもねー(`∀´)

ダハブの何がいいって
珊瑚が岸からすぐにあるのでどこで海に入っても魚に出会えるらしい。

有名なスポットもたくさんあるけど
名もない無名な場所でもすんごいとこがあるとか。

そしてセブ人には信じられないエントランスフィーなし!!
タダで好きに入って潜って帰って来ちゃっていいらしいよ( ´艸`)

なにそのいかにも海男海女みたいなシチュエーション!!

私たちが泊まってたのは有名日本人宿セブンヘブンのお隣。
というかほぼ敷地内にあるファイティングカンガルーというゲストハウス。

ここのオーナーSAMが今まで世界の宿に泊まって出会ったオーナーの中で1番素敵だった。

語り尽くせないほどホスピタリティで私たちを迎えてくれて
彼のおかげで私たちのダハブライフは最高になったのは間違いないです!!

ちょっとSAMの素晴らしさについてはまた今度書くとして。。

ある日シュノーケリングに行こうと思ってセットを借りに行くと

SAM『シュノーケリングがはじめてでもコワくない簡単なやり方といいスポットを教えてあげるよ。』

『わーい。いいの?』

もちろん地図に書いてもらうつもりだった。
そしたらおもむろにサムは自分のシュノーケリングも準備して

S『今の時間が光の差し込む向きと波が1番いいからすぐに行こう!!』

一緒に行ってくれるのー?!いいのー?!
オーナー自ら??
サムのそういうハッピーなところが大好きなせかゆる。

そのまま近所のすんごい近いスポットに連れて行ってもらった。

私たちがシュノーケリング初めての前提で丁寧に浮き方から教えてくれたから
フィンをつけるとこんなに楽なんだと初めて気付きました。

いつもフィンなしで立ち泳ぎして溺れそうに潜ってたまりっぺ( ̄ー ̄;

はい、潜りますよー!!

マスクをつけて顔を海につけると。。。

(///∇//)

嘘でしょ?
何これ?

驚きすぎて一瞬心臓止まるかと思ったー!!
きれいすぎてー!!

大げさじゃないからー!!

だってこんなんなんだよ。

ほんで熱帯まるだしの魚たちがいっぱいいて。

カラフルでトロピカルで。

魚の群れもたくさん。

下から見るとこんな感じで浮かれている様子がわかります。

浮かれすぎた結果浮く。

はっきり言っていいですか。

私のシュノーケリング史上この日の海が1番でした!!

本当にキレイでやすとも顔を見あわせてしまうほど。。

セブの海も好きです。

でも。。。

シュノーケリングで見れる範囲ではダハブの圧勝です!!
(ダイビングのことはわかりません)

しかもボートに乗らずに自由に入って出れるのが最高っ♪
ちょっと体が冷えたらすぐに岸にあがって休憩。

かっこよく撮りたかったのにお風呂みたいになっちゃう。
やすの顔のせいかまりっぺの写真の腕のせいか(`∀´)

こんな欧米人がいかにも好きそうなビーチ沿いのレストランもたくさん並んでます。
ここで本を1日読む事ができる人種の人にあこがれます。

まりっぺ5分で寝ちゃうか遊びに行きたくなっちゃうタイプ。

それに徒歩圏内にもたくさんスポットがあるから
毎日別の場所にシュノーケリングに行く事も可能♪

もう文句のつけようがない環境なんだよーーー(´∀`)
そりゃ恋しちゃうよねっ!!

でもやっぱり日によってかなり海のコンディションは違うみたいで
別の日に別の場所へ行ったらちょっと透明度も低めで(それでも十分きれい)

サムがあのベストな状態の時に連れて行ってくれたからこそ
あんなにきれいだったのだと実感しました。

今回の旅中はシュノーケリングとか海はなくてもいいかなって言ってたせかゆるでしたが。。

すっかりダハブでシュノーケリング熱があがっちゃった≧(´▽`)≦

まりっぺ


あれ?防水カメラ買ったの?って思った方ポチッとお願いします。
えへへ、大活躍!!

世界一周
ブログランキング・にほんブログ村へ


ダハブの海を潜ってみたら

投稿ナビゲーション