最近のバックパッカーは
リュックを背負わずにコロコロバッグらしいです。

ぼくはかつて旅先で
「ウエストポーチャー」なるものをやったという旅人に出会いました。
めっちゃ自慢気・・・でも、それって
・・・誰得ですか?

やっぱりバックパックが好きなヤスです。

フィリピンで一般的に飲まれるアルコールと言えば?

That’s BEER!!

そんなBeerのなかでも、マニラではあまり人気はないけど、
セブでは一番人気なのが、ご存じ「レッドホース(RED HORSE)」です。

このレッドホース、結局ピルセンと同じく、
サンミゲル社が作ってるんですけど、
一体何が普通のビール(ピルセン)と違うかと言うと、
高いアルコール度数です!!

ビールの一般的なアルコール度数5%をはるかに超えた、
7%のアルコールでスコーンと一口目からきます!
だからすぐ酔っちゃうんです。
がぶがぶ飲んでると、「赤い馬に蹴られてノックアウトするよ」と諭されます。

でも飲んじゃう。

そんなレッドホースの中に、
「笑った馬がいる」という噂は以前から聞いていました。

なんでも、笑ったレッドホースの成分は違うそうで、
「すぐ酔う」とか、
「ちょっと味が濃い」とか、
「幸せになる」とか、
まことしやかな都市伝説があるのです。

そんな笑った馬を、バニラットのロビンソンで見つけました。

じゃん!

じゃじゃん!!

じゃっじゃーん!!!!

幸せになるかなー

やす


ランキングに参加中♪ポチッとお願いします♪



ひひ~んと笑う幸せの馬?!笑顔のレッドホース(RED HOURSE)

投稿ナビゲーション