まりっぺです。
リアルタイムは南米最後の国コロンビアを昨日出発して
ただいまロサンゼルスにてトランジット中。

ボゴタからフロリダ経由のロサンゼルス。
もちろん一歩も北米の地を踏みしめてませんが。。空港のみ。
北米には私たち呼ばれていないもんでね。

ていうか24時間経過してまだ北米にいるってどういうこと?!
無謀すぎる移動を予約したもんだと今頃反省するせかゆるなのでした。

さてブログに戻ります。

コパカパーナ~クスコ間のバスは席も広くて快適だった。
夜行バス寝てたらクスコに到着。
国境で両替できたんだけどレート悪いだろうし
クスコのバスターミナルでできるでしょーって思ってそのままスルーしてた。
クスコに着いたのは朝5時くらい。
ATMは1つあるけどスキミング怖すぎるから却下。
cambioは?って聞いてもないって言われるし。
まさかの無一文。OMG!!
ドルならあるけどソルがない。
どうしようかと困ってたら客引きのおじちゃんが話しかけて来た。
見るからにいい人そう。
でもそういう人は大抵あやしいの法則。
『タクシー代はこっちが払うし宿代も後払いでいいよ』
現金ないことだしとりあえず1泊だけしようかって着いて行った。
この宿が思いのほか居心地よくて結局5泊くらいした。
しかも客引きしてたおっちゃんが俺がオーナーって言うんだよ。
んなわけないし、絶対嘘でしょって思ってたら本当にオーナーだったっていうね。
いろいろ疑ってかかってごめんね。
クスコは町並みのきれいなレンガの赤がきれいな街でした。
こういう安全そうな街はなんだか安心して歩けていいね。
スリはたくさんいるだろうけど。

クスコもウユニほどではないけど日本人がたくさん。
時期的に卒業旅行っぽい大学生がいっぱい。

有名な12角の石を探しに行く。
もう石の周りに人がたくさんいてすぐにわかった。

これかーすごいね。

紙1枚通らないは言いすぎだけど本当にびっちり積み上げられてる。
インカの人はどうやってこんな風に切ったんだろう。

そういえばペルーに入って中華のレベルが明らかに上がった!!
お米のレベルも数段よくなった!!
そりゃ中華に通っちゃうよね。

これで8ソル(320円)ワンタンスープ付き。

ペルーといったらはずせないのはこれ。

興味津々で飲んだ感想。

まりっぺはおいしい。
やすはまずい。

好みわかれるみたいだね。
私はペルーにいるあいだ結構買ってた。

コカコーラ社が出してるインカコーラはペルーではコーラ以上に幅を利かせてて
ファーストフードでもバスの中でもまずインカコーラ。

クスコに来た目的は中華を食べるためじゃない!!

もちろんマチュピチュ。

ウユニくらいはずせない南米の観光地。
幾度となく写真で見て来たマチュピチュの近くまでやってきてるー。
ところでマチュピチュってどうやって行くんだろう。
ググってみた。
いくつか行き方はあるけど電車を使って行くっていうセレブの方法はもちろんはなから除外。
だってクスコからマチュピチュまで行くのにたしか往復100ドルとかかかるんだよ。

交通機関だけでね!!
チケットとかまた別だからね!!
ウキー!!こっちはチケット代だけでひーひー言ってるのに。

そしてバックパッカーはどうやって行くのかと調べてみると
クスコから7時間ほどかけてバンで水力発電所まで行く。
そっから線路沿いを3時間歩いてマチュピチュ村(アグアスカリエンテ)へ。
マチュピチュ村で1泊。
次の日マチュピチュへ挑む。
3時間歩いてさらに7時間かけてクスコへ。
簡単に書くとこんな感じっぽい。
電車だと2時間くらいで行ける道のりを10時間かけて向かう。

つまり時間と体力使って頑張れってことだね♪

頑張って行った方が行ったかいがある
ってもんだ。
別に強がりじゃないし!!

さっそくクスコから水力発電所までの往復バンを探しに旅行エージェントへ。
行く途中で見つけたツアーという文字。
ツアーなんて高いに決まってる。
そう思ってたけど内容と値段を聞いたらなんか安いっぽい。
いやそんなツアーがよかったらみんなツアーで行くでしょって思って半信半疑だったけど
いろんなエージェントに聞きまくった結果。。
せかゆるツアー申し込んじゃいました!!
往復のバン、マチュピチュ入場料、宿代、ご飯代って足して行ったら
自分で行くのとツアーの値段ほぼかわらなかったから。
しかもマチュピチュでガイドがつくっていうし。
遺跡はガイドさんをつけたい派のまりっぺ。
てなわけで95ドルの1泊2日ツアーをどんと申し込み!!!
そしていよいよマチュピチュへ向けて出発。
うわーん、ドキドキ。
寝れるかな。
早起きできるかな。
まりっぺ


ブログ村のランキングに参加しています!
↓あなたの「1日1ポチッと」が夫婦の励み♡応援よろしくお願いします↓

世界一周
ブログランキング・にほんブログ村へ


クスコの街とマチュピチュへの挑み方。

投稿ナビゲーション