まりっぺです。

まだバンビエンでのんびりしてる今日。
やっぱりせかゆるの性格的に同じ都市に1週間以上いると何かしたくて動きたくてうずうずしてきちゃうみたい。

おそれてたソンクラーンも終わりやっとあさってバンコクへ戻ります。

さてブログに戻って。

写真整理してて気付いた。

あれ?
私ブログでペルーのワラスすっとばしてエクアドル入っちゃってない?!
実際こまかいことはブログで飛ばしまくりなので一瞬もういいかーってなった。

けど。。。。

ダメだよーー!!

このワラスは絶対絶対外せない!!

(めんどうだけど)さかのぼって書こう。

リマから私たちはワラスへ夜行バスで向かった。
この区間で使ったZ-BUSSってとこが今まで最上級にラグジュアリー。

3列革張りシートで飛行機のビジネスクラスばりの広さ。
(ビジネス乗った事ないけど自分の席に行く時にささーって通りすぎるから広さだけは知ってる)
あまりの快適さに乗車して30分以上テンションMAXのせかゆるを尻目に寝始めるウニ氏。

ま『ちょっとーー!!うに君よくこの場面で興奮しないまま寝れるね。wifiだってできるんだよ、寝たらもったいないってば』

う『いやいや、そんなっすか?!笑』

や『そんなやろーー!!この広さ見てみー!足が向こうまで届かへん!!』

ギャーギャーうるさい私たちにあきれてうに氏はそのまま寝ました。

バスは早朝4時ころワラスへ到着し
どこかよくわらからない真っ暗な場所で私たちをおろして去っていった。。

ま、待って。。
暗くて何も見えない。。

近くにいたタクシーを捕まえて目指す宿へ向かった。
この宿の管理人ソニアちゃんがとにかくよくて大好きな宿になりました。

ワラスへ来た目的は2つ。

*天然温泉
*ラグーナ69

温泉があるという響きに心躍らせつつも海外の温泉で満足したことないからその期待を抑えつつ向かった。

ワラスのメルカド前から1番のコレクティーボに乗っていけば終点。
アグアスカリエンテと言えばドライバー連れてってくれます。

入り口で入場料4ソル(約170円)を払います。

中にはこんなプール温泉が。

汚いっ!!
って思ったけどこの水は鉄分を含んでるのでこの色。
汚いわけではなかった。

ここは水着着用で何時間でもいていいプール。

この温泉のすごいとこはこのプールじゃない。

個室の湯船がある!!

この個室は時間制限があって1人用だと20分で2~3人用だと30分。
でもうちらが行った時は空いてたのでおっちゃん別になんも言ってこなかったのでのんびり入れた。
込む時は行列ができてしっかり時間を守らないとらしい。

こんな個室お風呂がたくさんある。

汚く見えるけど毎回おっちゃんが掃除に入るし意外に清潔。

自分でお湯をためる。

もの凄い湯量なので一瞬でお湯がたまるし
まりっぺはずっと1人源泉掛け流し温泉してました。

最高に気持ちよくて旅出てはじめてくらいひさしぶりに湯船につかって
鼻歌だって歌っちゃうんだから。

気に入りすぎてワラス滞在中2回来ました。

ワラスの目的その2

ラグーナ69を見に行く。

ここまりっぺはかなり楽しみにしてた。

ツアーに申し込んで(っていってもただバンでトレッキングルート入り口までの往復だけ)朝5時くらいに出発。

2時間ほどバンでガタガタ道を抜けていくと国立公園の入り口に到着。
ここで入場料10ソルを払う。

そして少し行った所でバンは止まる。

ドライバーのおっちゃん何も言わず全員おろす。
スペイン語で何やら説明して休憩開始。

どうも2時半にはここへ戻ってこいと言ったらしい。
まーとりあえず歩いてけば着くでしょって事でしゅっぱーーつ!!!

小川と緑がはえる道なき道を進む。
きれいな景色にせかゆるのテンションは高め。

一方うに氏はクロックスサンダルというなめきった格好で初の山登り。

語彙力ないのでこれしか言えないけど
それはそれはきれいな景色でした。

進んでいく先に大きな雪山がある。

開始10分

うに『いやーもう限界っす。まだっすか?ラグーナ』

や『おい!!限界早いわ、笑』

ま『ねーもしかしてあの先の山超えてくのかな』

う『いやそれはないっしょ。無理っす』

結果そんなわけありました。
目の前にある大きな塊を超えた先にそのラグーナ69は待っていたのです。

でも進んで行くとどんどん景色が変わる。
はじめ緑と雪山が見えていたのに

川を超えぐずぐずの沼も超えて
足がぐちょぐちょになりながら進んでいくと

滝が見えて来た。
この滝がものすごーくかっこよくて
エンジェルフォールみたいな形をしててなんかベネズエラ行かなくてもういっかーってなる(笑)

どんどん景色が変わるので全然飽きずに歩いていける。

ただね。。

進んでいくうちに気付いた。

ものすごい息切れ。

そんなきつい傾斜を登ってるわけでもないのに5歩歩いては止まり
さらに息を整えてまた数歩進む。

こんなペースで進むのがやっと。

『なんでこんなに辛いんだろ。』

『もしかしてここかなり標高高いんじゃない?!』

『3000m越えかもね。もしかしたら富士山超えてたりして(笑)』

『んなわけないし』

そういいながらみんなで励まし合いながら休憩しながら歩く事2時間半。

最後は無言。
だって話すと息が持たないから。
心肺機能が崩壊するんじゃないかと思うくらい動悸が止まらなかった。

そしてやっとの思いでたどり着いた先には。。。

鳥肌立った。
ずっと崖の山が続く先に突然あらわれた息を飲むほどの青さ。

何コレーー!!絶叫。

苦しかったのが一気に全部ふき飛んだ。
頑張った甲斐があったね。

しばしラグーナ69に見とれてランチは持参したサンドイッチをほおばる。

感動さめやまぬまま下山開始。
2時半の集合に間にあわないといけないのでね。

帰りは下りなので辛くはなかったけど天気と追いかけっこ。
雨雲が追いかけて来るので急ぎ足で戻りなんとか降られずにバンへ乗り込めた。

帰りは爆睡でワラスの街へ戻り宿でラグーナ69の標高を調べてみると

標高4500m( ̄ー ̄)

え?!今なんと?

富士山は確か3776m。

ていうか余裕で富士山超えてるからねっ!!!
なんならスタート地点で富士山頂上かもねっ!!

そりゃ心肺機能が悲鳴をあげるのも無理ないな。
その事実登る前に知らなくてよかったー。

ラグーナ69で感動し温泉と宿のソニアちゃんに癒され
ワラスっていいとこだなと大好きになりました( ´艸`)

まりっぺ


ブログ村のランキングに参加しています!
↓あなたの「1日1ポチッと」が夫婦の励み♡応援よろしくお願いします↓

世界一周
ブログランキング・にほんブログ村へ


感動したワラスなのにブログすっとばしてた真実

投稿ナビゲーション