まりっぺです。

ブエノスアイレスで幼なじみ家族にお世話になって巻き寿司とお雑煮堪能しました。
昨日は最高に満たされた1日でした!!

さてさて
マラウイのセンガベイからバスで首都リロングウエへ向かった。

リロングウエは特に滞在理由はなかったけどザンビア抜けのために寄った。

宿で自炊して3人でパスタパーティ。

近くの市場で買ったプラムがすっごいおいしかったー!!

えーとザンビアはっきり言ってやっつけです。

だってザンビア見所全然ないんだもん。

世界3大名瀑のひとつであるビクトリアフォールズ。
これはザンビアとジンバブエの国境になっている滝。

ザンビア側からとジンバブエ側からの両方から滝が見られる。

噂によるとザンビア<<ジンバブエ

はい、ジンバブエ側からに決定( ´艸`)

ということはやっぱりザンビア側は見るものなし。
でもマラウイからジンバブエに抜けるためにはザンビア通過は必須。

別に通るだけならいいけどーって思ってたのに。。

なんとVISA代シングルエントリーで50ドル(-“”-;)

高いっしょー!!!

リロングウェからザンビアのルサカまでバスで移動。

朝6時くらいに出発で夜8時くらいに到着。

ルサカに1泊のつもりがバスターミナルからそのままリビングストン行きのバスが出てたのでそのまま乗り込んだ。

ってことで22時くらいに出て夜中の4時くらいにリビングストン到着。

前情報によるとそのままバスの中で仮眠させてくれるって言ってたのに。。

『はい、降りてこのバスはここ終点じゃないからね』

え?まぢで?!

バスの中でなれる前提で来ちゃったけども??

ぽつんと降ろされて真夜中のバスターミナルで途方に暮れる。
とりあえず目星をつけてた宿に向かおう。

リビングストンバックパッカーズという有名宿。

ここのスタッフがとにかく感じよくてすばらしかった。

テントはスコールによる水没防止のために濡れない場所に移動。

プール付きなので昼間は泳ぐ。

滝のラベルのビールも発見!!

この宿のいいところはなんと

マンゴー食べ放題≧(´▽`)≦

っていうか!!

マンゴーの木がたくさんあって落っこちてくるマンゴーを拾い放題。
ゴロゴロ落ちてくるので取り放題。

マンゴーは凶器。
突然ものすごい勢いで木から落ちてくるから命中したら絶対気絶すると思う。

1日に何個もひろっては冷やして食べてた。
すんごい大きくて甘い!!

そんなザンビアを堪能して(なんもしてない)
VISA代のもとをまったくとれてないけども

次なる国へ向かいました。

リビングストンから国境までタクシーで向かいそっから歩いて国境越え。

ザンビアのイミグレで出国した後ザンビアがらジンバブエ側へは橋を渡る。

見てー!!
これがビクトリアフォールズー( ̄▽+ ̄*)

しょぼーい(笑)

ちょっと前に行ったえりさんいわく

『ザンビア側からは華厳の滝に毛が生えた程度』

納得しちゃうのがせつない。。

橋の上にはなんともツーリスティックな電車と駅がある。

ここが国境なの?
地味に橋の真ん中に線がひいてある。

引かされた感満載の線がね。。

わーい!!!

12カ国目ジンバブエに入国!!

ビクトリアフォールズと言ったら。。

これでしょ!!

バンジージャンプ!!

ザンベジ川にかかる橋の上から落差111mのバンジー( ̄□ ̄;)!!

こんなんやる人いるのかなーって思ってたけど。。

めっちゃ混んでるー!並んでるー!
主に欧米人らしき人たち。

日本人でも何人かバンジー飛んだ旅人に出会った。
(約1名橋の上まで行ってギリギリでやめた人もいたけど。ね?しんご君?)

私は絶対無理だなー。
やすはやりたがってたけど実際橋の上からのぞいたら『やっぱ無理!!』ってなってた。

そんな楽しい国境の橋を超えてジンバブエ側のビクトリアフォールズという街へ。

ここは再会祭!!

いろんなとこであった人にたくさん再会できて最高に楽しかった。

その様子は後日。

今夜もアサードとワインで乾杯なのでそろそろ準備始めます(*゚ー゚*)

まりっぺ


ブログ村のランキングに参加しています!
↓あなたの「1日1ポチッと」が夫婦の励み♡応援よろしくお願いします↓

世界一周
ブログランキング・にほんブログ村へ


VISA代高いよ!ザンビア!!

投稿ナビゲーション