セブへ来てからまったく海を見てないじゃないっっ!!

これじゃしめしがつかないよっ!!(誰に?)

ってことで

週末にマクタン島へ行ってみました。

前にも書きましたが

マクタン島は空港があるセブシティからは1番近いリゾートアイランド。

本当は行きたい島はたくさんあるんだけど

思い立ったのが当日の朝だったのでいろいろ間に合わず

まずはマクタンでしょ!!

私たちの住むマボロからはタクシーを使えば30分、200~300ペソくらいで行ける…はず。

今回ジプニーで行ったので詳しくはわかりませんが。

ジプニーでの生き方

家(マボロ)からマンダウエ市のpark mallまで

22Dに乗ります。9ペソ

そこで降りて乗り換えです。

park mall の中のジプニー乗り場があるのでそこからマリバゴ行きに乗ります。

番号は見忘れた。。15ペソ。

ぐるぐると回って停車しながら行くので50分くらいかかったかも

混んでると2時間くらいかかることもあるそうな(地球の歩き方情報)

安い宿があったら泊まって

もしなかったら帰ってこようって決めてました。

私たちの安い宿の予算は500~1000ペソ
(セブシティならそんくらいであるので)

どこで降りていいかもわからないなと思ってたら突然ジプニーに乗り込んで来た若者!

『宿探してあげるから一緒に来て!』

あ、アジアの観光地にきたって感じがするね~。

とりあえず着いて行ってみるがそれはひどい宿を見せられる。

もう自分たちで探してみるからいいやって言ったら

そのあとこの若者がしつこいこと。

『自分たちで探すし街をぶらぶらしたいからほっといてよ!!』

ちらっ(ふりむく)

着いてきてるー!

う・ざ・い

何度ふりはらっても着いてくるので

たまたま見つけた1番大きくて高そうなホテルの敷地に入る。

ちらっ

来てないー!!まき作戦成功!!

『ねえねえ、ていうかこのホテルすごくない?

このボージャスホテルを通過させてもらってビーチの方へ出ようよ。』


『グッドアイデア!そうしよう』


エントランス入って1秒後

『お、お客様!(ちょい待てー)どのようなご用件で?チェックインですか?』

『はい?私たち?』(やばーばれたー)

『あ、あの・・ビーチに行きたくて・・(でもこのビーチはきっと高いので)ちょっと通過させてほしいだけで・・』

『通過はできませんので、でしたら出口はあちらですね』

(にこっ)

対応はスマートだけどこれって完璧にあしらわれてるー!!

しかも

そっちの出口ってあのしつこい若者がいるところだしー!!

どうせそんなことだろうと思ったけど

あしらわれたことがおかしすぎて2人で爆笑。

撃沈・・・

ちなみにここらではかなり高級ホテルのインペリアルパレスホテルに

私たちは迷い込んでいた様子。

1泊400ドル!!

気を取り直して歩くとものすごい勢いで客引きガイドが声をかけてくる。

そういえばこの雰囲気セブシティにはまったくないな。

誰も声なんてかけてこないし。

私たちはただビーチへ行きたいだけなんだYO!!!!

自分たちで探すからほっといてYO!!!

何やらよさげなビーチの入り口を発見。

そうそうこんな感じのとこを探してたんだよ。

泳ぎたいと言ったら入場料がいると言われ

その値段

1人750ペソ!!

え?ただビーチで泳ぐだけなのに?

わお!!

結果撃沈・・・


だったら入場料なんてかからないところに行くもん。

甘かった。。。ちーん(ノДT)

話してみたおっちゃんいわく

・マクタンはシティに比べて全体的に物価が高い。

・ビーチへ行くにはどこも入場料がかかりパブリックビーチはなし。

 高いとこだと3000ペソ!泳ぐだけだよ?!

 ・宿はどんなに安くても1500ペソはかかる。

こっからですよ。

・僕のボートに乗って行けばエントランスを通らないので無料で直接どこのビーチにも入れる。

んなばかな。

こんなまゆつばな話。

あるわけないし

のるわけな・・・・

のったー!!!!(笑)

それで行こう!!!

だってちょっと疲れちゃってたけどどうしても海を見たかったんだもん。

ここへきてまだ海を見れてないんだよ(笑)

ボート代を800ペソ払ってこんなあやしげなおっちゃんに先導される私たち

別の船で着替えて

漕ぎ手はレオ君に交代して彼がボートでシュノーケリングポイントへ連れてってくれるわけです。

5分ほど漕いだだけで海はものすごい透明度で熱帯魚みたいなのがたくさんいました。

たしかに海はきれい!!

天気と浜辺の残念さは気にしないことにしようね

だって今日は視察だしね

軽くシュノーケリングを堪能してそこらのビーチで降ろしてもらって

シャワーを浴びて帰ることにしました。

帰りにそのビーチを出る時に見つけた。

このKARANCHO BEACHは地元の人用の安いビーチのよう

入場料50ペソ+100ペソ。

ボートを2時間借りたとして500ペソ。

しめて800ペソ。

結局同じくらいだったのかなと納得して帰路につきました。

こうして小さな大冒険は幕を閉じたのでしたー。

もちろん泊まらずに帰ったよ(笑)

まりっぺ

マクタン島へ

投稿ナビゲーション